Orange Transmission

母校の部活動の応援と料理と街ブラなどの気ままな発信

Orange Transmission
Pocket
LINEで送る

埼玉栄相撲部出身 大相撲九州場所 元横綱の教えを果たした貴景勝史上6番目の年少記録で優勝 

2018年11月27日 [ 埼玉栄、埼玉栄中学、部活 埼玉栄相撲部、大相撲、大相撲九州場所 埼玉栄部活動 豪栄道、貴景勝、埼玉栄出身力士 ]
Pocket
LINEで送る

部屋が消滅しかし逆境を乗り越え

掴んだ優勝史上6位での年少記録で

九州場所初優勝の貴景勝

 

スポンサーリンク

栄高校は創立40年を超え

40周年の記念事業として

2016年に現在の新校舎を建設しました。

その歴史の中で埼玉栄高校のクラブは

運動部・文化部を合わせ現在67クラブあります。

その多くのクラブが名門・強豪と言われる

クラブが多数存在します。

その中に埼玉栄中学・高等学校相撲部があります。

DSC_0272

 

新校舎案内の記事の中で栄高校の職員室の入り口に

相撲の番付発表が額に収められいると書きましたが

栄高校から角界にこれまでたくさんの力士を輩出しています。

引退され部屋を持つ親方から

現在も活躍している力士がたくさんいます。

関連記事は

 

今回優勝した貴景勝もその一人です。

栄高校相撲部はこの夏のインターハイに

31年連続35回目の出場をし

相撲競技は2018年8月5日に個人戦決勝

6日に団体戦決勝が行われ

栄相撲部は保健体育科3年 斎藤大輔君が個人戦優勝

団体戦は3年ぶり10回目の

優勝を果たしました。

スポンサーリンク

 

 

♦栄高校出身力士一覧

【引退】
追風海
豊真将
出羽平
栃栄
大翔大
清瀬海
山本山

【現役十両】
矢後
妙義龍
剣翔
英乃海

【現役幕内】
豪栄道
貴景勝
大栄翔
北勝富士

 

そして2017年には栄高校相撲部から3人が入門しました。
光宗泰成(当18)=高知県出身、阿武松部屋
手計富士紀(当18)=千葉県出身、佐渡ケ嶽部屋
塚原隆明(当18)=埼玉県出身、春日野部屋

また元横綱大鵬の孫で、納谷幸之介(大嶽部屋)などがいます。
埼玉栄はモンゴル人には頼らず、日本全国から

有望な人材を集めて鍛えることで実力を上げてきました

現在までに輩出した大相撲力士は

なんと40人以上います。

その中でもなんといっても豪栄道でしょう

2016年には大相撲九月場所全勝優勝を果たした

大関 豪栄道関が母校に凱旋

優勝パレードを行いました!

そして今回の貴景勝の優勝です。

 

今場所貴乃花親方の相撲協会からの退職で

貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋へ移籍後

部屋としても初めての賜杯

22歳3ケ月での初優勝となりました。

特に今場所は3横綱不在の異例の場所となり

所属場所、師匠、生活などの面で

すべて変化を余儀なくされた環境の

苦難を乗り越え見事優勝しました。

今回優勝のほかに

自身3回目の殊勲賞

2回目の敢闘賞も獲得

スポンサーリンク

<Sponsered Link>

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です